【大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)】9話ネタバレと感想 続編は一作目を越えられない

9話のあらすじ

9話はとわ子が4度目の結婚をするかどうか明らかになった回でした。

ビジネス上は敵対関係にありながら、心を通わせる大豆田とわ子(松たか子)と小鳥遊大史(オダギリジョー)。ところが、社長からの恩義に縛られることなく生きることを選んだ大史は、かねてから誘われていたマレーシアの会社に転職することを決断。さらに、現地では建築士としてとわ子の仕事も見込めるとして、とわ子に「人生を一緒に生きるパートナーになってくれませんか」とプロポーズをする。そのことを田中八作(松田龍平)に伝えた大豆田唄(豊嶋花)は、「取り乱すから」と中村慎森(岡田将生)には内緒にしておくようお願いするが、運悪くそこへ慎森が現れる。その後、バッティングセンターで大史と待ち合わせていたとわ子の元に、なぜか八作、慎森が現れる。慎森いわく、八作がプロボウラーと結婚することになった、と。困惑しながら結婚報告する八作の話を聞いていたとわ子だったが、そこに遅れてきた大史が現れて…。唄の応援もあり、四度目の結婚や新天地での生活に期待をふくらませつつも、一方では社長として会社と社員たちの行く末も気になるとわ子。そんな彼女に対して、元夫たちはそれぞれの思いを胸に行動を起こす。

大史のプロポーズを断った理由

大史はマディソンを辞めて、以前から誘われていたマレーシアの会社に転職するにあたり、「建築設計の仕事もある」と言ってとわ子に「人生を一緒に生きるパートナーになってくれませんか」とプロポーズします。

娘の唄にも応援されて、前向きに考えていたとわ子に見えましたが、大史にマレーシアで住む予定の家の写真を見せられた時、とわ子ははっとして気づいてしまったようです。
後に八作に「欲しいものは自分で手に入れたい」と語ったように、自分はその家に「住みたい」のではなく「つくってみたい」ということに。

音楽が流れる中、ふたりで料理したり、食事をしたり、ゆったりとした時間が流れ、笑顔で幸せそうなとわ子と大史。
めいっぱい愉しい時間を過ごし、ハグして大史の頬にキスをした後、「じゃ」と言ってお互い振り返ることなく歩き始めたシーンは「別れた」ことを物語っていました。

バツ3になる前のとわ子だったら、社長になる前のとわ子だったら、大史と一緒にマレーシアに行くことに、結婚することに迷いはなかったかもしれないですね。
オダギリジョーが見納めなのが残念です、、、最終回までいて欲しかった。
でもいい人のままお別れだったので一安心です(笑)
ワイシャツ腕まくりして料理する姿、目福でした。

続編は一作目を越えられない

鹿太郎は中の人の都合もあり(笑)広島からのリモート出演のみで物足りなかったですが、慎森、八作、大史3人がバッティングセンターでバッティングしちゃったシーンは目福すぎて、鹿太郎がいなくて良かったと思いました(失礼)

このままでは大史ととわ子が結婚してしまうと焦り始めた慎森のとわ子への説得は誰よりも、痛々しいほどの直球でしたね。
「誰よりも君ことを想ってる。髭の人はダメだ」
「君は働いて恋をする人。働く君と恋をするキミは、別の人じゃない」

突然家に上がり込んでだだをこねる、、、なんて岡田将生じゃないと許されません!
不器用で理屈っぽくてイライラする!でも、かわいい…!と思わせてしまうのは岡田将生ならでは!
頭から粉をかぶって白くなっても尚美しいのは岡田将生だけ!笑
先輩の家で犬を洗う慎森とか、かわいいの頂点でしたよね。
改めて、このドラマのキャスティングすごいと唸っちゃいました。

人の孤独をうめるのは愛されることじゃない。愛することだよ。キミには愛する人がいる。知ってる。僕のことじゃない。髭の人でもない。キミはあの人を愛してる。その人も君を…」
「心配することないよ。その人(大史)は君のパートナーじゃない。田中さんだよ」

慎森はとわ子が誰を想っているのか、気づいていたんですね。

とわ子が選んだのは…

「プロボウラーと結婚する」と言うのは八作が慎森についた嘘でしたが、とわ子はすぐに見破ります。

とわ子が家でパスタを茹でていると、八作がやって来てインターホンごしに
「キミと結婚して幸せだった。ありがとう。幸せになってください」と言って立ち去ります。
「好きだから他の人と結婚しないで」とは言わないところが八作らしいですね。

大史と別れてからオペレッタを訪ねたとわ子は「私もあなたを好きになってあなたと結婚して良かったよ。それだし、今でも好きだよ」と伝えます。
「両想いだ」と言う八作に「だからあなたを選んだ。あなたを選んでひとりで生きることにした」と決意のひとこと。
「無理なのかな」と言う八作に「今だって、ここにいる気がするんだもん。3人いたら恋愛にはならないよ。こうやって思い出してあげようよ。三人で生きていこうよ」と言ってかごめの思い出話を語り合います。
ここのところオペレッタでしていた物音はかごめの仕業だったのでしょう。
とわ子と八作はようやく笑顔でかごめについて語ることができるようになったようです。

「2人が“夫婦”を続けていたら」という話題になり、想像の中の2人は大変なことを乗り越えながら夫婦として生活を続けていきます。
それはとても理想的な夫婦像ではあるけれど、現実は1人で生きていく選択をしたとわ子。

八作には他に好きな人がいると知って離婚し、「ひとりは限界。誰かに守ってもらいたい。」という思いから結婚を繰り返したけれど、孤独は埋められず、八作は今も亡きかごめのことを想っている。
それならばと時々同じ人を思い出しながら、1人で生きていくという選択をしたのでしょうか。

第9話の主題歌は4話と同じくDaichi Yamamoto!

9話では4話と同様Daichi Yamamotoさんと、松田龍平さんがフィーチャーされた「Presence IV(feat. Daichi Yamamoto, 松田龍平)」が主題歌としてオンエアされました。

6月9日からは配信も開始されています!

va.lnk.to/P5TR5tok

最終回のエンディングはどうなるのか、今から楽しみです!

ついに最終回!涙

終わってほしくないけど終わってしまう。。。最終回なのに初恋の君と遭遇してるとわ子は一体!?
第1話の斉藤工さんを彷彿とさせる帽子かぶって記念撮影!のシーンがあったので、「また騙されないでね!」と警戒してしまいそう(笑)

最終回の時間をお間違えないように!21:30〜です!

もうすでに若干ロス気味ですが、最終回を食い入るように観たいと思います。

タイトルとURLをコピーしました